2014年度理事長所信


所 信   

創 造   

           ~夢を力に~竹原_奥田善則

                

                2014年度 一般社団法人竹原青年会議所

理事長   奥田 善則

 

私が子どもの頃、あこがれていたプロスポーツ選手を見てプロ選手になりたい。そんな夢を抱いていたあの頃、夢を追い続けていた少年時代。皆さんも子ども時代に同じような経験をしてきたのではないでしょうか。今の子ども達も同じ様な夢を抱いているはずです。

しかし、現在の私達を取りまく社会は子ども達の純粋無垢な気持ちに応えていると言えるでしょうか。悪化の一途をたどる環境問題、混迷を極める社会情勢、目を覆いたくなるような凶悪犯罪。暗いニュースが毎日のように流れています。

私達の子ども時代は、夢や希望のある自信に充ち溢れていた毎日を送っていたはずでした。しかし今現在社会に目を向けると、どことなく夢を持てないと感じている人も多いのではないでしょうか。未来の子ども達に明るい夢や希望のある社会を残していくには、どのようにしたらよいのか、どのように考えていけばよいのか。今まさにこの混迷の時代だからこそ、私達は強い夢と志を持って行動を起こす必要があります。

創造「夢を力に」をスローガンに掲げましたが、今の混沌とした時代に我々は何が出来るでしょうか?会員一同が夢を持ちその夢に向かって一丸となって取り組みましょう

私達は今後どのような団体にならなければならないのか、どのような運動や活動をしていかなければならないのかを、もう一度考え夢を抱かなければなりません。

この地域に本当に求められる竹原JCを模索し、考える力、勇気、知恵そして行動力を振り絞り心躍るような会にしましょう。

まず我々は個々で夢を語り、その夢を実現できる道筋をしっかり議論し実行して行く事が我々自身の力に、そしてゆくゆくは竹原の力になるのではないでしょうか。

本年度一般社団法人竹原青年会議所は、この「夢を力に」が生み出す「明るい社会の実現」を合言葉に取り組んでまいります。

一人でも多くの会員を増やし、自信を持って「夢を力に」のスローガンに向って前進することが、私達の使命です。私達が行うべき運動の原動力として、高い理想と情熱を持った仲間を増やしていくことは、必ずや明るい豊かな社会を目指すJC運動をさらに推進する大きな力となります。メンバーが一丸となって、会員拡大を実行してまいりましょう。

本年度から賛助会員制度の取り組みを行ってまいります。新しい試みではありますが、我々の思いに賛同して下さる仲間を増やして行きましょう。

会員と地域が一丸となり、子ども達の夢を叶えるような街にして行きましょう。

そしてそれが会員拡大、そして竹原の未来に繋がるのではないでしょうか。

40歳までという限られた時間の中で、年齢、職業、考え方が違えども縁あって私たちはここに集いました。JC活動をこの青年期に過ごす塾として選んだ我々が、自己を高めるために学ぶことの「修練」を怠らず、自己犠牲をも厭わない「奉仕」の精神を持って社会に尽くし、活動を共にする仲間たちと「友情」を育み地域の輪を広げ、この混沌とした時代の先にある「夢」の扉を開き「創造」して明るい豊かな社会を皆で信じて進んでいきましょう。

2014年度一般社団法人竹原青年会議所は少数精鋭ながら会員一丸となって様々な事業に取り組んでまいります。

 

基本方針

会員拡大の実現

我々と共に、夢の実現に向かう仲間を作りましょう。

夢ある事業の実施

夢のある、街づくりをしましょう。

広報活動

我々の事業を積極的にPRしましょう。

地域との連携

地域の活動に積極的に参画しましょう。

広島ブロックとの連携

各青年会議所との連携による活動をしましょう。

会員の創造力の向上と実現

会員それぞれの思いを出し合い議論し、実践しましょう。

自覚と気概を持った会員の意識改革

会員それぞれが積極的に、物事に取り込もうとする強い意識を改革していきましょう