2017年度理事長所信


一粒万倍

~未来に実る種をまこう~

『はじめに』

竹原青年会議所は一つの節目である創立50周年の歴史を歩むことができました。これもひとえにこれまでこの地域の為にご尽力頂いた諸先輩方のお陰であると深く感謝申し上げます。我々はこれまでの50年の想いを継承し、さらにこの地域を明るい豊かな社会へと発展させる為、次世代に繋げていく必要があります。

まず、地域のことを考えるのであれば、地域のことを知る必要があるのではないでしょうか。この竹原にも先人達が想いを込めて築き上げてきた伝統、歴史、文化があります。地域の成り立ちを知ることで進むべき道が見え、この地域に誇りを持つことに繋がると思います。

今年一年は次の55周年、60周年、、、100周年に向けての新たなスタートを切る年になります。「明るい豊かな社会の実現」の為、私たちはこの地域から必要とされる運動を創造し実現して参ります。

『魅力ある組織づくり』

明るい豊かな社会の実現を目指す為にはまず地域から必要とされる団体になること。会員一人一人が青年経済人として地域の中でリーダーシップを取っていく必要があります。

その為にはこれまで以上に会員の資質向上が必要不可欠です。組織の在り方を理解した上でそれぞれの立場から自分がどのような運動をしていくのか目的を持ち、その目的を達成する為に組織として何ができるのか、自分がどういう行動を取ればよいかを真剣に考え実践していく。その機会を積み重ねていくことで自然と自己成長にも繋がり、魅力ある組織を構築され、メンバー全員でこの地域の明るい未来を創造することができるでしょう。

目的も持たず、ただ貴重な時間と労力とお金を使ってなんとなくJCライフを送るだけでは何の意味もありません。JCを上手に活用し、さまざまな運動を通じて自己成長と資質の向上を目指し、地域、会社、家庭、すべての関係者に対し自分なりのスタイルで何か得たものを還元できることも真剣に考え取り組んでいきましょう。

『積極的な情報発信』

『JCは何をしている団体なのか』そんな言葉を市民の方々からよく耳にします。明るい豊かな社会の実現の為、私たちは多くの時間を割いて議論を重ね、汗を流して魅力あふれる運動を展開しているのは事実であります。メディアやSNSなどを上手に活用し、これまで以上に私たちの運動を広く伝えていきましょう。市民の理解が深まればさらに地域から必要とされる団体となり竹原青年会議所の存在価値も高まることに繋がります。それが会員のやりがい、自信にも繋がり、すばらしい運動が展開できることにもなるでしょう。

『会員拡大の推進』

全国的に見ても、人口減少、少子高齢化などの影響により、会員数の減少に歯止めがかからない状況にある中、竹原青年会議所においても近年同様な状況に直面しています。昨年は会の危機的状況にある中、ある一定の会員拡大に成功しました。しかしながらまだまだ運営面、資金面はもとより会員一人一人の負担も多くなっているのが現状です。

この地域に竹原青年会議所の魅力を伝えていき、メンバー一丸となって会員拡大に取り組む必要があります。一人でも多く同志を増やし、明るい豊かな社会を創造していきましょう。

『地域の特性を活かしたまちづくりと連携強化』

日本では現在、国家戦略の一つに地方創生が掲げられ、地域は自らの力でその地域の特性を活かし発展していかなければなりません。竹原青年会議所としても自らがこの地域のことを考え、豊富にある地域資源(人・物・歴史・文化・自然・産業・技術など)を再認識し、新たな価値を創造していくことが必要だと考えます。行政、関係団体、市民など対外とも連携強化をしていき運動の幅を広げていきましょう。

『最後に』

今年のスローガンは『一粒万倍~未来に実る種をまこう~』とさせていただきました。「一粒万倍」とは、たった一粒の種が万倍となって稲穂のように実るという意味で、わずかなものが非常に大きく成長することのたとえです。私たちの運動を決して無駄にしたくありません。メンバーとこの地域の明るい未来を共に創造し、未来に実る種をまき、共に成長していきたいという思いで掲げさせていただきました。

私もまだまだ未熟でありますが、すべてはこの地域の為に、竹原青年会議所の為に、メンバー全員の為に、私なりの全力で精一杯務めて参ります。2017年度は「ひと・まち」を変革し新たなる飛躍の年にしていきましょう。

基本方針

  • 会員の資質向上と魅力ある組織づくり
  • 積極的な情報発信
  • 会員拡大の実現
  • 地域の特性を活かしたまちづくりと連携強化
  • 例会、例会事業の充実
  • 親睦事業の充実
  • 広島ブロック協議会との協働