2024年度 新年のご挨拶

新年のご挨拶

2024年度 新年のご挨拶

第59代理事長 藤川裕員

 明けましておめでとうございます。謹んで新年が皆様にとって幸多いものとなり、健康と繁栄に満ちた一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。旧年中は我々、一般社団法人竹原青年会議所に格別のご高配を賜り、心より御礼申し上げます。

 2024年度、第59代理事長の職をお預かりさせていただきます藤川裕員と申します。本年は「つなぐ!~創造のひとときを楽しめ~」をスローガンのもと、私たち会員一人ひとりが自らのアイディアを活かし、地域社会とのつながりを深めながら、新たな価値を創造する瞬間(ひととき)を大切にしてまいります。

 これまでコロナ禍による厳しい状況が続きましたが、昨年は地域行事やインバウンドの賑わいが戻りつつあります。本年度、竹原青年会議所として地域社会の発展に貢献していくべく、スポーツ振興事業とまちづくり事業の2本立てで事業展開を検討しております。

 スポーツ振興事業では、竹原市の各競技団体と地域の皆様をつなぐ架け橋となり、スポーツ本来の「楽しむ」ことを最大化するために多様なスポーツとのふれあいの場、スポーツに対する視野を広げる機会を提供し、竹原市のスポーツ振興に貢献できるよう努めます。

 まちづくり事業では、竹原市のブランディングの再考を目指し、「竹原ブランド」のイメージを更新し、竹原の魅力を再発見・再発信することで地域の皆様にまちへの愛着を深めていただいたり、他地域からの移住を検討されている方へのアピールにつなげたりと「竹原ブランド」について改めて考える機会を提供します。

 現在、竹原市では市役所移転後の利活用や観光ブランディングに関する議論が進んでおり、私たちは一翼を担う存在として、積極的にまちづくりに参加し、地域の未来を共に考えていく所存です。これまで竹原青年会議所が得た経験や知識を情報として行政や地域の皆様と共有し、地域の発展に寄与できるよう努めてまいります。

 最後に「第4回つなぐ!わんぱく相撲竹原場所広島県大会」の開催も目指しております。竹原市は県内でも相撲に所縁のある地でもあります。私は「相撲と言えば竹原市」と言ってもらえるように注力しております。大会の継続に向けて地域の皆様には引き続き格別のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 この新年、竹原青年会議所は地域社会に希望を与え、明るい豊かな未来を築くために、一丸となり情熱をもって邁進してまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

一般社団法人竹原青年会議所
第59代理事長 藤川裕員